気になる医療事務の年収!だいたいこのくらいじゃない?

いったいどのくらいの年収?

医療事務の仕事の年収、とっても気になりますね。
医療事務と言っても、パートや派遣、契約社員に正社員とそれぞれ置かれている状況もさまざま。
ですから、「年収はこのくらいです!」と断言はできません。
また、都心部や地方でもかなりの違いがあるようですね。

 

医療事務を含めて、事務の仕事といってもさまざま。
医療事務のように知識を必要とする資格取得した人が主にするような事務から、資格はいらないような事務までさまざま。
資格はいらないといっても、その会社で使用しているソフトなどを使うので入社してから覚えることはたくさんあったりはするようですが。

一般的なことをいうと、都心>地方で給与の高さは違いますし、総合病院>個人病院で給与の高さがあるようです。
とはいえ、個人病院でもかなり儲かっていて、院長が給与を出してくれているような個人病院も存在するのでこれまた言い切れないところがあります。
さらに、結構給与がよいと思って入社したのですが、仕事の量が割に合わないくらいに多いと言ったこともあるようです。
これでは、「もう少し給与が低くてもいいから、仕事の量を減らして欲しい」と思ったりもするようです。
どの仕事でもそうですが、年収ばかりで判断すると大切なものを見失うこともあります。
しかし、もう少し突っ込んで年収について考えてみましょう。

関連サイ

医療事務の資格を最短で取得するならコチラ・・・医療事務のスクール選びに必要なポイントの解説